歯科受診の必要回数は

歯科で歯石除去を行う

歯科の歯石除去の回数について

歯科は歯のエキスパートです。あらゆる歯のお悩みを聞いてくれますので、問題があれば受診するといいでしょう。虫歯や歯周病はもちろんのこと、歯の定期検診や矯正なども受け付けています。痛みが現れるまではなかなか行く気にならない方も多いですが、悪化しないうちに治療を進めることが大切です。歯科で歯石除去を受ける場合の受診回数は、クリニックによって全然違います。保険の関係がありますので、だいたいは2回以上受けることになります。1回で終了することはほとんどありませんので、希望したい方は申し出てみるといいでしょう。

歯科で行う歯石除去にかかる回数

口腔内で歯の周りにつく石のようなものを歯石と言い、それは、軽石のように小さな穴が開いていてそこに細菌が繁殖して毒素を出し、歯周病の原因になってしまいます。そのため歯科医院で定期的に処置をすることはとても大切なケアです。歯科医院では、まず、歯の表面に付着した歯石、プラークなどを除去します。そのあと歯茎の中の歯の根っこの部分についたものを除去し、その部分に汚れが付着しなくなるようにツルツルにする処置をします。この処置は痛みを伴うことがあるので麻酔を使う場合があります。各ブロックにわけて処置するので、通院の回数がかかることになります。

↑PAGE TOP